落ち着いたカラーを基調に3色でまとめる

50代からのレディースファッションでは、落ち着いた雰囲気のカラーを基調にして、3色以内にまとめるのがおすすめです。ビビッドな色合いが似合う女性もいますが、そうではない場合は落ち着いたものをベースカラーにしましょう。ただし、3色とも控えめなものを選ぶ必要はありません。若々しい色合いも少し混ぜることで、華やかさや洗練されたイメージを演出できます。基調となるベースカラーを主体に、バランス良くアソートカラーを組み合わせ、要所はアクセントカラーで引き立たせるコーデを基本にしてみましょう。

カジュアルな中にエレガントな要素を

カジュアルファッションは気軽に使えて、身動きもしやすいのが魅力です。しかし、油断するとついつい、機能性・価格重視のアイテムでまとめてしまうことも。そこで考えてみたいのが、エレガントさを演出できるアイテムを少しだけ取り入れてみるコーデです。全体はラフでも構いませんから、例えば、スニーカーをパンプスに変えてみる他、上品なアクセサリーを組み合わせるのもおすすめできます。カジュアルなコーデでも、ちょっとしたことで垢抜けたイメージを演出可能なのです。

素材にこだわって気品を高めよう

50代からのファッションではアイテム選びの際、上質な素材にこだわってみるのもテクニックの一つです。同じ色合いとデザインでも、上質な素材を使ったアイテムは、それだけで気品を醸し出すもの。全身を高級素材でかためる必要はないので、まずはバッグなどの小物類からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

脂肪溶解を使うと顔のラインを変えることができます。美容クリニックなどで実現しますがカウンセリングが必要です。

Saturday, 2021年12月4日
Menu