なぜタバコはagaを促進するのか

タバコにはさまざまな有害物質が含まれており、特にニコチンは髪に悪影響を与えます。喫煙は冷え性を招くと言われますが、これは血行不良を促進するからです。血液は身体を温める作用があり、血流がよい状態は全身を効率よく温められます。喫煙習慣のある人は血行不良により、毛母細胞に十分な栄養を届けられない問題もあります。それにより髪が痩せ細っていき、軟毛化していくのです。

喫煙が原因でagaを引き起こすことはありませんが、agaの人が喫煙すると薄毛に拍車をかけます。禁煙するためには禁煙外来を利用する、禁煙治療薬を活用するなどの方法が役立ちます。喫煙にはビタミンCを破壊するデメリットもあり、身体のストレス耐性が低下してしまいます。すると毛髪がストレスの影響を受けやすくなり、薄毛を促進してしまうのです。aga対策を始める人は、禁煙も合わせて行いましょう。

育毛用のシャンプーを使ってみる

agaを発症したらシャンプーを変えてみましょう。agaを発症して数か月で髪をすべて失うことはまずありません。段階的に髪が減っていくので、早めに対処すればシャンプーだけで髪を守られることがあります。育毛用のシャンプーは頭皮に優しく、刺激を与えないのが特徴です。洗浄力の高すぎるシャンプーを使用していると、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。オイリーな頭皮は薄毛を促進しますが、乾燥した頭皮も抜け毛を増やします。育毛シャンプーはアミノ酸系が多く、頭皮に栄養を補給する意味でもおすすめです。

agaを新宿で改善する場合には、自費診療扱いになることがほとんどです。したがって適切な料金設定をしているところを選ぶことが大切です。

Tuesday, 2021年7月27日
Menu