agaで薄毛になる仕組みと原因

agaとは男性型脱毛症のことであり、日本人男性の薄毛の大部分を占めるとされています。agaの原因となっているのが、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。テストステロンは頭皮に存在する酵素である5αリダクターゼと結びつくと、DHTという強力な男性ホルモンへと変化します。このDHTは毛乳頭にあるレセプターと結びつくと脱毛因子を増やすようになり、髪が抜けてしまうのです。agaは遺伝と関係があるとされています。5αリダクターゼの生産量やレセプターの感受性の高さなどの体質は、遺伝により受け継がれると考えられており、父親や祖父が薄毛の場合は注意が必要です。しかし、遺伝以外にも栄養バランスの偏り、ストレス、睡眠不足といった生活習慣の乱れもagaの原因と考えられています。

agaを進行させないための対策

agaは遺伝的な要素がありますが、対策をすることで進行を遅らせることができます。対策は生活習慣を整えることが重要です。暴飲暴食は避けて栄養バランスの良い食事をしましょう。髪の主成分であるタンパク質を中心に亜鉛などのミネラル類やビタミン類が豊富な食材を食べるのが良いです。睡眠もしっかり取りましょう。睡眠サイクルが乱れると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になります。交感神経には血管を収縮させる働きがあり、収縮が続くと頭皮に栄養が届きにくくなってしまいます。そのため、質の良い睡眠を取ることが重要になります。寝る前のスマホやパソコンは避け、音楽を聴くなどしてリラックスするようにしてから眠るようにしてください。ストレスも自律神経に影響を与えるので、ため込まないことが大切です。軽い運動をしたり、趣味を楽しんだりしてストレスを発散させるようにしましょう。

男性型脱毛症とも呼ばれるagaを仙台のクリニックで治療する際、医療技術の高さは大きな選択肢です。同じ治療でも使用する薬剤の相性で効果が変わるので、十分なカウンセリングを受けることが重要になります。

Saturday, 2021年12月4日
Menu